老人ホームを利用している人は殆んどが高齢者?

老人ホームは老人ばかり?

老人ホームの需要は年々増しています。それは高齢者増加、少子高齢社会に入っているので、高齢者を支え合う社会作りが求められます。高齢者でも入る人と入らないの差があります。自力生活出来るか、出来ないかの差です。自力で生活出来ない人は老人ホームに入った方が家族も安心できそうです。家族は仕事している人がほとんどなので、誰かひとり家にいなければいけない状態です。年々老人ホームは増えているものの、高齢者の数と比較しても足りていないのが現状です。

高齢者にも事情があるのだ!

老人ホームには色んな高齢者がいますが、皆さんが同じ状況ではないでしょう。生活から育ちまで全く違うので、そこで仲良くするのも困難です。常にトラブルも続発していますから、そこは介護スタッフだけで手に負えない状況です。要介護度が高い人ほど需要が増していますから、介護度が軽い人の場合は身寄りの家族がいなくて入所せざるを得ないなど家庭環境が影響しています。それでも要介護が高い人の方が優先されるのは仕方がないでしょう。

老人ホームにも色んな形がありますよね?

老人ホームは何件あっても足りないくらい、高齢者社会が進んでいます。それを支える人も足りないので、常に人材不足が懸念されています。そして老人ホームで働くスタッフの入れ替わりが激しいだけに、常に応募掛けられているのが現状です。それでも人が集まらないので、既存スタッフを遣り繰りして回しています。高齢社会は留まる所を知らないだけに、介護業界としては高齢者を匿うだけでなく、高齢者を支えるスタッフは未経験者でも人が欲しい、それが現場の本音です。

川崎市の老人ホームを検討している場合は、ネットで様々な情報を知ることが出来ます。気に入れば現地見学すると良いです。