住宅を借りるときは住む人たちの意見を聞くことです

子どもの意見を聞くことです

賃貸で住宅を借りる時には、親だけで決めるのではなく、子どもの意見も聞かなければなりません。引っ越しが伴うとなれば、幼稚園や学校も変わることになります。転校生の扱いになりますし、仲の良い友達とも別れることになります。また、間取りで自分の部屋が欲しいというかもしれません。折角の機会なので、二人おれば二部屋を子ども部屋として用意できる間取りを考えなければなりません。水泳など習い事をしているのであれば、継続を希望すれば近くに水泳教室も必要になります。

奥さんの意見は重要です

何といっても住宅の意見で重要なのは奥さんの話しです。お父さんや子どもが家を出た後は、奥さん一人になります。それも共稼ぎでなく、専業主婦となれば一日住宅にいることになります。平日は、時間に追われるように朝晩の食事の支度をしなければなりません。そのために食材の買い物から始まり、料理洗濯を一人で一手にやらなければならないのです。時間があるようで、子どもが帰る時間に合わせて済ませるには、スーパーや学校までの距離も頭に入れておかなければならないのです。

そうして職場に出かけるお父さんの意見

世帯主である父親は収入源ですから、最終権限を持っています。しかし、会社の付き合いで一杯飲んだとか、接待ゴルフなど休みも出かけるとなれば、家に居る時間は一年間で最も短い人となります。しかし、その短い時間を最大限に休める時間にしなければ明日の活力になりません。そのためには、リビングルームの広さと父親の座る位置を確保することです。後は、費用と家族の意見を取りまとめ、最大公約数とすることで諦めてもらうことです。

賃貸というのは、契約期間の間のみ居住できるため、限られた期間だけ暮らしたいという場合には大変便利です。